JDPAサイト内検索(当サイト内で検索したい文字を入力してください) new


地震によって地盤変状が生じる場所や不同沈下が生じると予想される場所には、GX形、NS形、S50形、S形、US形が適しています。
地震による被害が小さいと予想される場合でも、基幹管路や重要施設につながる管路、緊急輸送道路や重要道路下に埋設される管路、消火栓などが付帯する管路には耐震管路(鎖構造管路)継手をお奨めします。

接合形式
呼び径
特長
継手
GX形
75〜400
直 管


大きな伸縮性および可とう性をもつプッシュオンタイプの継手。最終的には受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。一体化が必要な箇所ではライナを使用する。継手の水密性は、T形と同じである。NS形に比べ施工性に優れる。

異形管


伸縮性、可とう性を持たない、メカニカルタイプの継手。離脱防止力により管路を一体化し、水圧による不平均力に対し管が抜け出さないようにする。NS形に比べ施工性に優れる。

S50形
50
直 管


大きな伸縮性および可とう性をもつメカニカルタイプの継手。最終的には受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。重量が軽く人力運搬が可能であることから、重機の入れないような場所でも施工可能。接合時の挿入も人力で可能で、特殊な工具は不要。

異形管


伸縮性、可とう性を持たない、メカニカルタイプの継手。管路を一体化するために、抜け止め押輪により接合する。

NS形
75〜450
直 管




大きな伸縮性および可とう性をもつプッシュオンタイプの継手。最終的には受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。一体化が必要な箇所ではライナを使用する。継手の水密性は、T形と同じである。

 

NS形
500〜1000




大きな伸縮性および可とう性をもつメカニカルタイプの継手。最終的には受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。一体化が必要な箇所ではライナを使用する。継手の水密性は、K形と同じである。

 

NS形
75〜250
異形管


伸縮性、可とう性を持たない、プッシュオンタイプの継手。離脱防止力により管路を一体化し、水圧による不平均力に対し管が抜け出さないようにする。

NS形
300〜450


伸縮性、可とう性を持たない、メカニカルタイプの継手。離脱防止力により管路を一体化し、水圧による不平均力に対し管が抜け出さないようにする。

NS形
500〜1000


伸縮性、可とう性を持たない、メカニカルタイプの継手。離脱防止力により管路を一体化し、水圧による不平均力に対し管が抜け出さないようにする。

S形
1100〜2600


大きな伸縮性および可とう性をもつメカニカルタイプの継手。最終的には受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。継手の水密性は、K形と同じである。直管のみであるため、異形管部および管路の一体化が必要な箇所にはUF形を使用する。

US形
800〜2600


管の内面から接合を行うメカニカルタイプの継手。大きな伸びと可とう性をもち、最終的には受口と挿し口がかかりあって離脱防止の役目をする。継手の水密性はK形、U形と同じである。SB方式、VT方式、LS方式の3タイプがある。

UF形
800〜2600


大きな離脱防止力をもつメカニカルタイプで、U形の受口及び挿し口部にロックリングのかかり合う溝を設けたものである。コンクリート防護が不要または軽減することができる。



開削工法おける一般管路には、K形、T形、U形を使用します。


接合形式
呼び径
特長
継手
K形
75〜2600


ゴム輪を押輪とボルトで締め付けて接合するメカニカルタイプで、作業が迅速かつ、継手の水密性が大きい。伸縮性および可とう性があり、よい地盤においては優れた耐震性を発揮する。

T形
75〜2000


受口の内面にゴム輪を装着し、テーパ状の挿し口を挿入するのみで、簡単に接合できるプッシュオンタイプである。作業が迅速であり、継手の水密性が高く、かつ、伸縮性および可とう性がある。

U形
800〜2600


管の内面から接合を行うメカニカルタイプで、継手の水密性は、K形と同じである。伸縮性および可とう性がある。



鉄道下、道路下、河川下など、開削工法のできない場所では管を直接押し込みます。この場合、T形、U形、UF形、US形の推進管を使用します。

接合形式
呼び径
特長
継手
T形推進管
250〜700


受口の内面にゴム輪を装着し、挿し口の挿入により、ゴム輪が圧縮されて水密性を保つ。挿し口の外面には、推力伝達用のフランジが取り付けられている。

U形推進管
800〜2600


管の内面からゴム輪を装着し、ボルトでゴム輪を締め付けて水密性を保つ。

UF形推進管
800〜2600

U形の受口内面と挿し口外面との溝を設け、ロックリングを固定し離脱防止を図った継手である。したがって、伸縮性および可とう性はない。推力は、ロックリングを介して、伝達される。水密機構は、U形と同じである。

US形推進管
800〜2600

ロックリングと挿し口突部の間に隙間があるため、その間で受口・挿し口の抜け出しが可能である。最終的にロックリングと挿し口突部の掛け合わせにより、継手の離脱を防止する。



長距離にわたって開削工法ができない場合は、前もってずい道をつくってその中に管を布設する方法があります。
また一方、管路の埋設部がほかの埋設物などで狭い場合もあります。
これらの場合は、管内から接合作業ができるU形およびUS形が適しています。

接合形式
呼び径
特長
継手
U形
800〜2600

管の内面から接合を行うメカニカルタイプで、継手の水密性は、K形と同じである。伸縮性および可とう性がある。

US形
800〜2600

管の内面から接合を行うメカニカルタイプで、伸縮性および可とう性をもち、最終的には、受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。継手の水密性は、K形、U形と同じである。



老朽管を非開削で更新する場合など、既設配管に新管を挿入する方法があります。
この場合、挿入する新管には、耐地盤変動(耐震用、軟弱地盤用など)の性能を有するPII形、PN形が適しています。
 


接合形式
呼び径
特長
継手

PII形
300〜600

伸縮性および可とう性があり、最終的には受口と挿し口がかかり合って離脱防止の役目をする。

PII形
700〜1350
PN形
300〜1500
(700〜1500の場合を示す)




接合形式
呼び径
特長
継手
フランジ形
( GF形)
75〜2600

両方のフランジの合わせ面に、ガスケットをはさんで、ボルトで締め付ける。 剛性の大きい継手であるから、たわみや伸縮性はない。

フランジ形
( RF形)
75〜2600


このページのトップへ