JDPAサイト内検索(当サイト内で検索したい文字を入力してください) new
1.耐震継手ダクタイル鉄管は、これまでの地震で被害はなかったのですか?
   


 離脱防止機能を有する継手が使用され始めて約30年になりますが、下表に示すように阪神・淡路大震災等の大地震においても被害は皆無でした。
 
離脱防止機能を有する継手(S形、SII形、NS形)の実績例
地震名
発生年月日
布設都市
布設延長
被害件数
布設エリア
兵庫県南部地震
(阪神・淡路大震災)1)
H7.1.17
神戸市、西宮市、芦屋市
約270km
0
埋立地、造成地、液状化発生地域、他
鳥取県西部地震 2)
H12.10.6
米子市、境港市
約11.8km
0
芸予地震 3)
H13.3.24
広島市
504km
0
十勝沖地震 4)
H15.9.26
釧路市他
約30km
0
新潟県中越地震 5)
H16.10.23
長岡市、十日町市、
柏崎市
約20km
0
能登半島地震
H19.3.25
輪島市、志賀町、
穴水町、七尾市
約40km
0
 
東日本大震災 6)
H23.3.11
仙台市、大崎市、栗原市、
登米市、涌谷町、水戸市他
約1780km
0
 
 
文献1):
日本水道協会,「1995年兵庫県南部地震による水道管路の被害と分析」,平成8年5月
文献2):
米子市水道局,「鳥取県西部地震震災報告書」,平成13年7月
文献3):
日本水道協会,「芸予地震による水道施設の被害と復旧状況について」,水道協会雑誌,Vol.70,No.5,平成13年5月
文献4):
金子正吾他,「2003十勝沖地震における水道管管路被害調査結果概要」,ダクタイル管,Vol.75,平成16年6月
文献5):
新潟県中越地震水道現地調査団(厚生労働省健康局水道課)「新潟県中越地震水道被害調査報告書」,平成17年2月
文献6):
日本水道協会「平成23年(2011年)東日本大震災における管本体と管路付属設備の被害調査報告書」,平成24年9月
   

2.ダクタイル鉄管の防災面でのメリットは何ですか?
   


ダクタイル鉄管は、図1に示すように防災面に対する優れた6つの特長を有しています。
なかでも、耐震性と資材調達、配管工確保の容易性は、水道管路の耐震性向上による予防対策と災害時の早期復旧には重要であり、管路被害を最小限に抑えることができます。ダクタイル鉄管は災害に強い水道管路を構築することで市民の生活を守ることに貢献します。
 
 
図1  ダクタイル鉄管の防災力
 
1.優れた耐震性
NS形継手等のダクタイル鉄管は、これまで経験した大規模地震でも被害は生じていません。また、表1に示すように、レベル2地震動での優れた耐震性能が評価されています。
 
表1  ダクタイル鉄管の耐震適合性
管種・継手
配水支管が
備えるべき耐震性能
基幹管路が
備えるべき耐震性能
レベル1地震動に対して、個々に軽微な被害が生じても、その機能保持が可能であること。 レベル1地震動に対して、原則として無被害であること。 レベル2地震動に対して、個々に軽微な被害が生じても、その機能保持が可能であること。
ダクタイル鋳鉄管
(NS形継手)
引用:日本水道協会 水道施設耐震工法指針・解説(2009年版)各論 頁34
 
2.資材調達の容易性
ダクタイル鉄管は、図2に示すように全国の水道事業体で最も多く採用されています。そのため、平常時の既設管の復旧だけでなく、災害時における管材の相互調達を容易にすることができます。
 
3.配管工確保の容易性
全国で多くの配管工がダクタイル鉄管の施工に携わっているため、配管工の確保も容易となります。このように、ダクタイル鉄管を採用することにより、災害時においても迅速な復旧活動を行うことができ、水道管路の防災力向上に貢献することができます。(図3)
 
   
図2 導・送・配水管の管路延長
(平成19年度水道統計)
図3 資材、人材の相互調達
 
4.他工事の影響度
平常時における他企業工事や、特に災害時には他企業を含めた復旧工事が多く行われますが、ダクタイル鉄管は強靭性に優れているため他工事からの被害(掘削機械に傷つけられる等)を受けにくい管材です。
 
5.災害時での施工性
ダクタイル鉄管は、雨天、湧水、地下水などの水場でも接合作業が可能であるため、災害時においても、優れた施工性と共に迅速な復旧活動が可能となります。
 
6.長期保管性
ダクタイル鉄管は屋外保管が可能であるとともに、管体強度が強いため保管中における傷つきリスクも少なく、復旧資材の備蓄にも特別な対策を必要としません。長期保管が可能であるため、復旧資材として備蓄しやすく、災害時の資材確保や相互融通が容易となります。
 
以上のように、ダクタイル鉄管は防災面で多くのメリットを有し、災害に強い水道管路を構築する上で欠かすことのできない管材と言えます。また、ダクタイル鉄管は、優れた耐久性を有しておりライフサイクルコストにも優れているなど、防災面だけでなく、維持管理性、経済性でも優れた管材といえます。
   

3.日本ダクタイル鉄管協会で開催されている「継手接合研修会」の内容と申込み方法を教えてください。
   


継手接合の技能を習得いただくために、当協会常設研修会場(関東地区3会場、関西地区2会場)にて定期的に「JDPA継手接合研修会」を実施しています。
開催している研修会の講座内容を下表に示しますが、定常的に開催していますのは「耐震管(呼び径450以下)」と「耐震管(呼び径500以上)」の2つで、「一般管」の講座はご要望があった場合のみ開催しています。
 
講座名と研修内容
講 座 名
略称
研修日数
研修内容
受講料
耐震管(呼び径450以下)
耐小
  GX形、NS形の継手接合
各講座とも
耐震管(呼び径500以上)
耐大
各1日間
NS形の継手接合
18,000円(税込み)
一般管
一般
  K形、T形、フランジ形の継手接合
(平成26年度)
 
 
各講座の具体的な実施内容は、@講義(座学)、A直管および異形管の接合・解体実技実習、B切管、挿し口形成の実技実習、C習得度確認(実技評価、筆記試験)で、習得度確認で研修内容を習得されたと評価される方に、「JDPA継手接合研修会受講証」(カード形式)を発行しています。
受講申込みについては、当協会ホームページの「技術説明会」コーナーにJDPA継手接合研修会の窓口を設けております。各常設研修会場での研修会開催スケジュールがご覧いただけますので、ご希望の講座、研修会場を選択(クリック)することで、インターネットを通じて受講申込みの手続きを行うことができます。なお、同窓口に「JDPA継手接合研修会申込み案内」掲載していますので、お申込みの際には事前にご一読下さい。
 
   



このページのトップへ