JDPAサイト内検索(当サイト内で検索したい文字を入力してください) new

 私たちの「豊かな社会」を支えてきた大量生産・大量消費・大量廃棄物の経済社会システムは地球温暖化や廃棄物問題の深刻化をもたらしました。
 21世紀を迎えて環境への負荷を最小化する経済構造やライフスタイルに転換することが我国にとって最大の課題となっています。
 経済の持続的発展を遂げるためには、循環型経済システムを構築すると同時に、省資源型産業への転換が強く求められるようになりました。
 また、発注者からも、こうした考えに基づいた製品の供給が要求されることも多くなりました。
こうした観点に立って、上下水道事業をはじめとする、各市場へ納められた鋳鉄製資材を見直してみると、そのリサイクルの歴史は古くその結果使命を終えたこれらの古い資材は古銑として一部は再生産に回され、多くはウエイト等の原材料として再利用されてきました。
 我国の上水道を始めとした水関連施設は昭和30年代をピークに建設され、国民生活を支える巨大な社会基盤として現在も機能し続けていますが、それらの施設の大部分は40年以上経過しており、更新・取り替えの時期に入ってきています。
 なかでも管路周辺資材は、その材質が鋳鉄製のものが多く、今後、管材、バルブ、マンホール蓋など、その取り替えが顕在化すると思われます。
 当協会においてもこのような動向を先取りする形でリサイクルの検討をすすめ、(社)日本鉄リサイクル工業会の協賛を得て、水関連5団体が相寄りまして「鋳鉄製品リサイクル団体協議会」を設置し、関連業界のみならず、社会のご要求にお応えすべく、全国組織でのリサイクルシステムを構築しています。
 関係各位におかれましては、鋳鉄製品リサイクル団体協議会の活動をご理解頂き、鋳鉄製品のリサイクル化にご協力賜りますようお願い致します。
 なお、本件については、弊協会または下記の(社)日本鉄リサイクル工業会にお問い合わせください。




鋳鉄管類及び鋳鉄製バルブ並びに蓋類のリサイクルフローを示します。

   
 
 
 











1.(社)日本鉄リサイクル工業会
一般社団法人日本鉄リサイクル工業会の各支部にお問い合わせ下さい。
2. 日本ダクタイル鉄管協会
3. 日本ダクタイル異形管工業会
〒102−0074 東京都千代田区九段南4丁目8番9号(日本水道会館内)
電 話:03(3264)4275
FAX:03(3264)4833
4. 水道バルブ工業会
〒102−0074 東京都千代田区九段南4丁目8番9号(日本水道会館内)
電 話:03(3264)0385
FAX:03(3222)6706
5. 水道用鉄蓋工業会
〒107−0052 東京都港区赤坂3丁目10番6号(ヒノデビル内)
電 話:03(3582)1924
FAX:03(3583)4348
6. 日本グラウンドマンホール工業会
〒107−0052 東京都港区赤坂3丁目10番6号(ヒノデビル内)
電 話:03(3582)9050
FAX:03(3583)4348


  

このページのトップへ