JDPAサイト内検索(当サイト内で検索したい文字を入力してください) new

 本工事は、延長3,807m、掘削径2300mmの長距離・小断面掘削であるため、掘削方式として周辺地山への影響が少ない全断面機械掘削(流体輸送式TBM)工法を採用し、本体覆工はコンクリート覆工を前提として実施した。
 トンネル通過路線は、ルート中央部の盆上部に集落、水田が集中することから湧水に伴う地下水低下や流出による生活環境への影響が懸念される工事となった。


<工事期間>
<管   種>
U形 ダクタイル鉄管
<呼 び 径>
1500mm
<工   法>
バッテリーロコ
<管路延長>
L=3,870m
<トンネル断面>
セグメント2150mm(外径)×1944mm(内径)
<立   坑>




  

このページのトップへ